スタッフ紹介

浅川 真子

Asakawa Mako

2022年入社

お客様からの信頼も厚い
憧れの先輩を目指して

当社に入社した理由は?

就職活動を始めた時は、金融関係の会社に就職を希望していました。就活がうまく進まなかったこともありますが、徐々に「金融系の会社は自分には合わないのではないか?」という迷いが生じてきました。ちょうどその頃、大学の就職説明会があり金融以外の会社も見てみようと思いたち、たまたま当社を知りました。

その時の人事担当の方の丁寧な対応に惹かれ、会社見学に参加したところ、新しい仲間を歓迎してくれるような当社の温かい雰囲気にとても魅力を感じました。同時にガスに関する仕事は、社会のライフラインを支える世の中に無くてはならない仕事だということも感じ、当社で人の役に立つ仕事がしたいと思いました。

仕事内容と職場の雰囲気は?

ガスメーター取替工事の現場監督が私の仕事になります。資格を取得していないので、まだ監督業を行うことができず、今は大型商業施設、企業、学校などの大型ガスメーター取替工事の現場に同行し、工事の流れを学んでいる最中です。

女性が現場監督だと、お客様から「頼りない」「知識不足」というイメージを持たれるのではないかと不安でしたが、実際に現場でお客様に接すると、性別を意識する場面はほとんどなく、その不安は解消されつつあります。何よりも検満グループの女性の先輩は、作業の指示は的確で、お客様からの信頼も厚いので、人望のある現場監督になれるかどうかに性別は関係なく、自分次第だと感じています。

検満グループには目標とする女性の先輩もいますし、仕事で分からないことがあっても質問しやすいアットホームな雰囲気で、働きやすい環境を作ってもらっていることに感謝しています。

スタッフ浅川インタビュー02

先輩社員の尊敬できるところは?

スタッフ浅川仕事中

現場ではよく周りを見て動いておられて、工事担当者や私への指示も適切で、憧れの存在です。監督業は知識やスキルはもちろん必要ですが、一番大事なのは「周りを見る観察力」と仕事や物事に対して「気づく力」だと、先輩の仕事を見ていると感じます。

また、監督業になるとお客様への接し方も重要です。その点でも、明るく丁寧に対応されていて、お客様からの信頼が厚いことも伝わってきます。
私もお客様から信頼され、高い対応力と知識力を持つ現場監督になるために、先輩を目指すべき人物として目標にしながら、頑張っていきたいと思います。

今後の目標は?

今はなるべく早く資格を取って、一人で監督業務を行えるようになることが目標です。

当社はガスの知識、監督業のスキルを無理なく養えるよう、研修や講習が充実しています。また、研修で学んだことを現場で確認でき、知識やスキルが身につきやすい環境でもあります。まずはガスメーター取替工事の現場監督の資格を取り、ゆくゆくはガスの配管などについても知識をつけていきたいと考えています。

学生の方へのメッセージ

スタッフ浅川インタビュー01

私は金融系の会社に絞って就職活動を行っていましたが、振り返ってみるとあまり一つの業種に絞らず、いろいろな業種を幅広くみておくべきだったと感じています。

金融から他に焦点を移したことで今の自分がありますし、広い視野を持つことで自分の可能性を広げることができました。自分の適職に出会うためにも、是非さまざまな仕事や業界に視野を広げてほしいと思います。

ガス機器のお見積り・購入、らく得保証の相談、ガス機器の点検サービスなどお問い合わせはこちら

お電話でのご依頼はこちら

0120-54-8874

メールでのご依頼はこちら

無料相談・お見積り
CLOSE