スタッフ紹介

下浦 菜月

Shimoura Natsuki

2022年入社

ライフラインの仕事は
小学生の頃から持ち続けた夢

当社に入社した理由は?

スタッフ下浦インタビュー01

父が電気関係の仕事をしていたこともあり、小学生の頃から将来はライフラインに関わる仕事がしたいと漠然と考えていました。大学は英文科に進み、全く違う分野の勉強をしていたため、ライフラインの仕事は無理かなと諦めかけた時期もありましたが、いろいろな業種の仕事を見たり調べたりする中で、やはりライフラインに関する仕事がしたいと、大学3年の後期になって決断しました。

ライフラインの中でも、父とは違う分野の仕事がしたいとガス関係に絞り、いろいろな会社の面接を受けましたが、当社の面接は受験者一人ひとりに合わせて質問をしてくださり、個人を大切にする姿勢を感じました。最終的には、ガスの仕事ができること、個人を尊重する社風、地元の神戸市の会社であるという3つの条件が揃っている当社に入社を決めました。

仕事内容と職場の雰囲気は?

営設グループは、お客様のご要望に合わせた最適な配管工事等の計画やガス機器の選定などをご提案致します。
現在は、一軒家のガス工事の現場で、工事の流れを学んだり、給湯器の試運転などに立ち会い、工事からお客様への納品までの流れを勉強しているところです。

入社前に一番気になっていたのは人間関係ですが、同じ部署の先輩は皆さん優しくて、何を聞いても快く答えてくださり、質問しやすい環境を作っていただいています。入社前の心配は全く杞憂で、人間関係に関しては何も不安がなく、安心して仕事に取り組むことができています。

スタッフ下浦インタビュー02

仕事で心がけていることは?

私が今できることは、職人さんやお客様とお会いした時に、早く顔と名前を一致させることと、現場に行った時に活かせるように、できるだけガスに関する知識を増やすことです。社内で覚えた知識を現場で質問され、正しく答えられたときや、図面を描いて現場の方に合格点をもらえた時は、とても嬉しいですし、仕事が楽しいと感じます。

早く知識をつけるために、現場ではできるだけ職人さんに質問をするように心掛けていますが、皆さん作業の手を止めてまで一から説明してくださるので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。現場で聞いたこと、学んだことは確実に身につけたいので、社内に帰ったらすぐにメモを取り、整理するようにしています。分からないことがあれば、すぐに質問をすること、報告・連絡・相談を徹底することも心掛けています。

今後の目標は?

自分の部署で取らなければならない資格について、まだ全部把握できていませんが、私を指導してくださっている上司と同じレベルの仕事ができるようになるのが大きな目標です。来月末から講習が始まりますが、まずは3種ガス工事設計の資格を取るのが直近の課題です。図面を描くのが難しく苦手でしたが、描くコツを自分なりに見つけられました。

まずは試験に合格して、その上で現場の実務経験をできるだけ早くクリアし、資格を取得したいです。

学生の方へのメッセージ

あまり一つの業種にこだわらず、いろいろな会社の説明会に参加するなど、広い視野を持つことが大切だと思います。
説明会などで、できる限り会社の人と会話してみると、自分に合う会社かどうか徐々に分かってきます。

やりたいことはもちろんですが、人間関係も会社を選ぶ際には非常に重要だと思いますので、仕事だけを見るのではなく、その会社で働いている社員の方々を見て就職先を選択することがポイントだと思います。

ガス機器のお見積り・購入、らく得保証の相談、ガス機器の点検サービスなどお問い合わせはこちら

お電話でのご依頼はこちら

0120-54-8874

メールでのご依頼はこちら

無料相談・お見積り
CLOSE